騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » 競馬に関わるお仕事カタログ

競馬に関わるお仕事カタログ

皆さんがまだ知らない馬の仕事の魅力を、もっともっと感じていただきたい!
そんな気持ちを込めて、お仕事カタログを作ってみました。

騎手(ジョッキー)になる

騎手(ジョッキー)は、競走馬に騎乗してレースの勝利を目指すスポーツ選手です。そのために、中央競馬か地方競馬のいずれかの所属する他、海外の競馬での活躍を目指します。収入面に関しては、特に中央競馬では騎手全体の平均年収が約1,000万円となっており、活躍すれば1億円~2億円稼ぐ騎手もいます。そんなジョッキーのなり方についてまとめました。

厩務員(きゅうむいん)になる

競走馬の世話をし、最高の状態でレースに送り出す厩務員。調教師が経営する厩舎に住み込みで、馬と一緒に生活しながら働きます。

JRA厩務員の平均年収は、約800万円。自分の担当馬が活躍すると相当の高収入を見込むことができます。騎手と比べるとやや給与面では劣りますが、安定した仕事をしながら高い年収を得られる魅力的な仕事だといえるでしょう。

調教師になる

調教師は、個性が強い競走馬たち、それぞれに見合ったトレーニング法を考え、実践していくのが一番の仕事です。

しかし、調教師の持つ顔は、そうしたトレーナーの顔だけではありません。競走馬、騎手、厩務員が所属する厩舎を経営する責任者(社長)として、さまざまな仕事をこなす必要があります。平均年収は約1,200万円と騎手より高い職業でもあります。

生産牧場で働く

競走馬の出産、成長を担う生産牧場。繁殖牝馬(母馬)と育成場に入るまでの仔馬の世話をします。生産牧場では、早く走ることに長けている馬を生み出すための工夫が日々考えられています。

その歴史は300年以上も続いており、古くから馬の改良が重ねられてきました。そうした工夫を重ねながら、サラブレッドの誕生に関わることができるという魅力的な仕事だといえるでしょう。平均年収は200~500万円となっています。

育成牧場で働く

生産牧場で産まれたサラブレッドに、鞍を付けたり人が騎乗できるように調教して、競走馬として活躍できるように育てていくのが育成牧場です。

育成牧場では、基本的には三段階に分けられて競走馬育成調教が行われます。第一段階では、人が乗れるように調教し、第二段階では運動できるまでを調教。そして第三段階では、速く走れるように調教します。何も知らない仔馬から、強烈なスポートを誇る競走馬へ育つ時間を共に過ごすのはとても刺激的な仕事だといえるでしょう。

JRA職員になる

騎手や厩舎として働きたいわけじゃないけど、競馬に関わる仕事に就きたい!という方は、運営団体に就職する道もあります。

JRA職員の仕事は主に2つ。ウィークデーには、所属する部署で競馬開催に向けての「平常業務」を実施。そして、土・日の競馬開催日には、所属部署とは別の執務体制のもと、競馬場やウインズで「開催業務」に携わります。

装蹄師になる

社団法人日本装蹄師会の「装蹄師認定講習会」を受講し、認定試験に合格する必要がある「装蹄師」。厳密には、資格は必須ではありませんが、資格を持っている・持っていないで装蹄師として、信頼度は違います。また、受けられるサポートにも違いがあるので、資格はあったほうが良いでしょう。倍率は4倍前後と言われているようですが、しっかりと技術を磨けば合格できるでしょう。

騎手エージェントになる

騎手エージェントとは、騎手の代理人として、馬主や調教師からの騎乗依頼に対応してくれる人材です。騎手エージェント制度には、厩舎との付き合いや人間関係を気にせず、レースに集中できるといったメリットがある一方、エージェントになっている者の多くが競馬新聞や競馬雑誌の記者という現状を問題視する声もあります。

ホースセラピストになるには

アニマルセラピーの1種として、馬とのふれあいを通じて身体機能の改善やメンタルケアを行うホースセラピーが存在します。また、ホースセラピーを専門的に管理するプロがホースセラピストです。セラピーを受ける人と馬との架け橋として、多角的なサポートを行っています。ホースセラピーの特徴や、ホースセラピストになるにはどうすれば良いのかをまとめました。

まだまだあります、馬に関わる魅力的な仕事

競馬に関わる仕事というのは、騎手や厩務員ばかりではありません。競馬場やトレーニングセンター、厩舎を舞台に様々な人たちが働いています。
中には専門学校や大学を卒業してすぐに就くことのできる仕事もあれば、競馬の世界での経験を積んで、広い人脈を持ってはじめてできる仕事もあり、実にさまざまなフィールドがあります。

また職種の広がり以外にも、無限の可能性が潜んでいるという点も是非知っておいてください。具体的にいうと、「競馬の世界というのは、ものすごくグローバル」ということです。

今や日本生まれの競走馬が海外のレースに出走することは当たり前。騎手だって、海外と行き来しています。馬に関わる仕事は、未来へ向けてますます海外との交流が活発になっていくでしょう。

どんな職種についたとしても、あなたにも世界で活躍できるチャンスがきっとあるはず。夢が膨らむ魅力いっぱいの世界ですから、大いにチャレンジしてみてください。

競馬に関わるお仕事前に知りたいこと

競馬に関わる仕事へ就く前に知っておきたい基本的な事柄についてまとめています。

中央競馬と地方競馬の違いとは

日本国内で開催されている競馬には、大きく分けて2種類が存在しています。JRA(日本中央競馬会)が主催している「中央競馬」と、都道府県や市町村といった地方自治体がそれぞれ運営している「地方競馬」です。中央競馬と地方競馬の間にはレースの規模や賞金、出走する騎手・競走馬など様々な点で違いがあります。中央競馬と地方競馬の違いについてまとめました。

競走馬の調教とは?

レースで勝つために競走馬の能力を引き出すトレーニングが調教です。調教は調教師によってトレーニングセンターで行われます。

調教の種類は、コース追い・坂路追い・プール調教など様々です。競走馬がどこを重点的にトレーニングしたのかは、競馬新聞から推測できます。調教の目的や種類、競馬新聞から調教内容を読み解く方法についてまとめました。

競走馬の育て方とは?

サラブレットは、生まれた時から競走馬としての活躍を期待されます。しかしいきなりレースに勝てる競走馬になれるわけではありません。

調教師や厩務員に日々、体やメンタルを管理されながら、馴致・育成・調教など多くのステップを踏んで、競走馬としてデビューします。サラブレットが誕生してからデビューするまでの流れとデビュー後の1日の流れをまとめました。

競走馬と乗用馬の違いと特徴

馬は大きく分けると2種類存在します。騎手を乗せてレースに出場する競走馬と、乗馬クラブで一般の人を乗せる乗用馬です。競走馬はレースで勝利することを目的にしています。一方乗用馬の目的は、騎乗したお客さんを楽しませることです。

競走馬と乗用馬では活動の目的が異なるため、育て方にも違いが生じます。競走馬と乗用馬の違いと特徴についてまとめました。

牧場スタッフになるためには?

牧場スタッフになるためには学校・スクールに通う以外に、生産育成技術者研修(JBBA研修)や育成調教技術者養成研修(BTC研修)を受ける方法が一般的です。牧場によっては未経験であっても、独自の研修や実務で仕事を覚えさせるケースもあります。また牧場スタッフと言っても生産牧場・育成牧場があり、それぞれで仕事内容が異なるのです。また向いている人の特徴も違いますが、馬が好き・熱意があるなどの方が牧場スタッフには向いているでしょう。

乗馬クラブで働くには

乗馬クラブでは馬の管理のほかにも、利用者に対して営業や広報、接客などを行わなければなりません。そのために高いコミュニケーション力も必要でしょう。また高い騎乗技術も求められるため、就職する前にスクールなどで技術を高めるようにしてください。資格を取得するなど、アピールできるポイントをつくることで「あの人に教わりたい」という利用者を増やすことができます。未経験で乗馬クラブに就職する「研修生」を利用すれば、悪質な環境での労働を強いられる恐れもあるので注意しましょう。

ページの先頭へ

【免責事項】
このサイトは、2011年1月時点で編集チームが調査した内容をもとに作成しています。掲載画像や口コミなどは、制作当時の情報の引用元・参照元を表記していますが、経年により削除・変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。最新の情報や競馬学校の詳細については、各公式サイトをご確認ください。

騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法