騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » JRA騎手になるには » 競馬学校からの退学

競馬学校からの退学

このページでは、競馬学校に在学中の生徒が退学する場合の条件や、退学しないように注意すべきポイントなどについて解説しています。

競馬学校を退学はあるの?

競馬学校で学んでいる生徒にとって、退学の可能性は決して他人事ではありません。

競馬学校では様々な事情で中途退学する生徒がおり、騎手を養成するという教育機関としての特性上、本人の意欲や努力だけでは退学を免れられないケースも存在します。

学習態度や成績が理由の退学

騎手を目指して通う競馬学校は教育機関であり、当然ながら学習成績が著しく悪かったり、本人に学習意欲が認められなくなったりすれば、退学になることもあります。また、補習も用意されているものの、定期的に実施される実技試験に合格できるかどうかも重要です。

体重制限による退学

競馬学校の騎手課程では、入学時に体重制限が設けられており、その体重制限は入学した後も引き続き設定されています。

一方で身長制限はないものの、特に成長期の生徒では本人の意思に関係なく身長が伸びていくケースもあり、常に体重制限をクリアし続けることが難しい場合もあるでしょう。

また、身長が高くなっても体重を維持しようと、無理なダイエットを続けて心身に変調を来し、結果的に退学せざるを得ないといったケースもあります。

なお、体重制限はクリアしても、極端に骨密度が低下している場合や健康状態に問題があると認められた場合、ドクターストップの対象になるかも知れません。

視力低下による退学

競馬学校では体重制限と同様に視力に関する規定もあり、視力が基準を下回り、さらに視力改善を見込めないと判断された場合、修学継続が困難になってしまいます。

なお、日本中央競馬会競馬学校の場合、基準視力は両眼で0.8以上かつ、左右ともに0.5以上と定められています。視力測定時に矯正器具を用いることも可能ですが、その場合はソフトコンタクトレンズのみが認められ、眼鏡やハードコンタクトレンズの使用はできません。

[※1]参照元:日本中央競馬会競馬学校|令和4年度騎手課程生徒募集案内

その他の事情による退学

素行不良や経済的な事情など、上記の他にも退学理由はあります。

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!
ページの先頭へ

【免責事項】
このサイトは、編集チームが調査した内容をもとに作成しています。【2011年1月時点】最新の情報や競馬学校の詳細については、各公式サイトをご確認ください。

騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法