騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » 馬の専門学校ってどんなところ? » 卒業生の進路・活躍

卒業生の進路・活躍

ここでは、希望の進路に進むことができた馬の専門学校卒業生の口コミから、学校のサポートや重視すべき点などをご紹介しています。

馬に関わるプロになった卒業生による専門学校での経験値

馬の専門学校を卒業して騎手課程に合格したヒトや馬事関連の仕事に就職した人たちのコメントを集めてみたので、学校選びや進路を決める際の参考にご覧ください。

騎手養成コースの卒業生による口コミ

騎手「乗馬は小学生の頃からはじめていて、ジョッキーを目指すために入学したのがアニマル・ベジテイション・カレッジ。この学校は馬に接する時間が長く、先生方が熱心なのが特徴で、今につながる基礎を身につけることができました」(アニマル・ベジテイション・カレッジ「選択科」卒業生、JRA騎手・三浦皇成さん)

「小学校の時から騎手になりたいと思っていたので、JRAの騎手課程に合格できてとても嬉しいです。同期の中でも2次まで合格できたのは数名でしたが、騎手受験コースで一生懸命努力した成果だと思います」(東関東馬事高等学院「騎手受験コース」卒業生)

  

インストラクター養成コースなどの卒業生による口コミ

乗馬インストラクター「現在は乗馬クラブでインストラクターとして働いています。馬の世話にはじまり、お客様のレッスンやスケジューリングなど業務の範囲はすごく幅広いのが特徴です。大好きな馬と毎日触れ合うことができるし、お客様に乗馬の楽しさを実感していただけるのがやりがいになっています」(優駿学園「インストラクター養成コース」卒業生)

「当初は馬に関わる仕事がしたいという程度で、具体的な進路まで決めていたわけではありません。興味があったのは競走馬の育成と乗馬インストラクター。そんな状況だったので、専門学校を選ぶ時、入学後にコース変更ができるというのはポイントになりました。
これから馬の専門学校に入ろうというヒトにアドバイスするとしたら、競馬騎手を目指していても成長期で身体が大きくなってしまうと体重制限で進路変更せざるを得なくなること。そんな時でも安心できる学校もあることは知っておいてください」(優駿学園卒業生)

「学校の規模が大きいだけに設備の充実度は他より確かだと思います。いろいろな馬がいて広い馬場を走らせることができる、こうした経験は大規模な学校でないと経験できないこと。また、この学校は乗馬クラブを経営していたり、競技会などでも実績があるので、両親から見ても安心できる存在だったのでしょう。ココに入学したいと言った時もきちんと許可をもらうことができました」(アニマル・ベジテイション・カレッジ卒業生)

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!>>

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法