騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » 馬の専門学校ってどんなところ? » 1日の流れ

1日の流れ

ここでは、寮生活となる馬の学校の生活スケジュールはどのようなものか、具体例を参考にしてご紹介しています。

アニマル・ベジテイション・カレッジに見る馬の学校の1日

馬の学校における生活パターンの一例として、以下にアニマル・ベジテイション・カレッジの標準的なスケジュールを載せておきましょう。

馬の専門学校の1日(騎乗)

  • 6:00 起床(夏は4:30起床で昼休憩あり)
  • 6:30 通学(バス利用)
  • 7:00 朝礼
  • 8:00 厩舎清掃、エサやり、馬場づくり
  • 9:00 騎乗(馬の体調確認や軽い運動)
  • 11:30 乗馬クラブの指導実習(インストラクター研修のレッスン)
  • 12:30 昼食
  • 13:30 講義(一般教養、競馬関連)
  • 14:30 授業、騎乗など(少人数制の技術指導)
  • 馬の専門学校の1日(馬の世話)
  • 15:00 厩舎作業、エサやりなど(遅番の場合は17:00から)
  • 16:00 作業終了
  • 16:30 寮に戻る
  • 18:00 夕食
  • 19:00 入浴、自由時間
  • 22:00 就寝
 

馬の学校で学ぶことや進路に対するサポートとは

馬の専門学校馬の学校も専門学校の一種であり、授業自体は座学と実技とに分けることができますが、一般的な専門学校との大きな違いは担当馬の世話があること。朝夕の厩舎作業やエサやり、馬場づくりなどは独自のもので、単なる授業というよりは馬と触れ合う生活の中でより実践的な経験値を積み上げるというわけです。

また、実技は学校やコースによって違いがあり、騎手養成コースの場合は騎乗訓練だけでなく体力養成のための独自トレーニングを取り入れているケースも見られます。

他にもJRAや地方競馬の競馬学校受験対策、高卒資格取得、乗馬関連のライセンス取得などをサポートしてくれる学校もあるので、学校選びの際は教科だけでなく目的に合ったサポートをしてくれるかを確認してください。

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!>>

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法