騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » JRA厩務員になるには

JRA厩務員になるには

強い競走馬を育てるため、調教師、調教助手とともに、馬の日常の世話をするJRA厩務員。
馬を洗ったり、馬のエサを作ったり、寝藁(ねわら)を干したり。「馬が好き」と言う人にとっては非常に魅力を感じる仕事です。

馬の健康を預かるプロになろう

「騎手は、肉体的にハードそうだけど、厩務員なら自分でもなれるかも!第一、馬が好きな気持ちには自信がある」なんて考える人は、少なくないのではないでしょうか。

しかし、残念ながらJRA厩務員への道もそう簡単ではないのです。大勢の期待と莫大な費用がかけられた競走馬の健康を預かるJRA厩務員。それを目指す人の前には、ひとつの壁が設けられています。

何かと言うと、「乗馬経験・牧場経験2年」というJRA競馬学校 厩務員課程の応募資格です。これは、一般の学生生活を送っていてクリアできる条件ではありません。

また、乗馬技術の試験もあります。ですから、JRA厩務員を目指すなら、設備の整った専門の学校で、実践的な教育をみっちりと受ける必要があります。

ここでは、JRA厩務員になるための学校選びに役立てていただけるように、厩務員を養成するコースのある学校をピックアップし、それぞれどんな特長があるかを比較しています。

またJRA競馬学校 厩務員コースの入学試験や学校生活についても具体的に紹介しています。JRA厩務員になるまでの道をしっかりとシミュレートしてみてください。

厩務員は女性でもなれる?向いている人を徹底調査

厩務員に性別は関係ない

厩務員の仕事は馬を管理することがメインとなります。競馬という分野の仕事内容のひとつであるため、男性の数が圧倒的に多い職業であることも事実です。しかし女性であっても厩務員になれる可能性はあります。厩務員に向いているかどうかについては、男性であるか女性であるかという性別に依存していません。

厩務員の仕事は?

朝の仕事としては馬の体温チェックやブラッシング、体のどこにも異常がないかを入念に調べ上げることから始まります。餌の準備や食事管理も重要な役割です。1日2食、もしくは3食を与えながら馬の状態を管理します。

また、清掃も厩務員にとっての大事な仕事です。馬が快適に過ごせる厩舎や寝床作りなど、重労働であっても日々欠かさず行わなければなりません。

さらにレース場への搬送のときには、厩務員も競走馬の側についていることになります。

そしてここでは、普段から馬とのコミュニケーションを十分に取れていることが不可欠となってきます。搬送時に競走馬のストレスを軽減させてやるという役割も仕事の一部であるため、馬に対する心からの熱意がある人でなければ務まらない仕事なのです。

厩務員の仕事をする素質

厩務員の仕事を大まかに説明するのであれば、「競走馬の世話や管理に従事すること」といえます。言葉にして説明するだけならば簡単にすみますが、実際にやってみれば簡単ではないことがわかるはずです。

まず、厩務員が1人で担当する馬の数は通常2頭です。体調管理や清掃など、毎日同じ仕事の内容を欠かさず繰り返すことになります。しかしどれか一つであろうと手を抜いてしまえば、競走馬のコンディションに影響を出しかねません。

勝てる馬を育てるための調教師とは異なる職業ですが、勝てる馬に育つための世話の部分をすべて受け持つことになるのです。それだけ強い責任感を持っていることが、厩務員になる人には求められています。

厩務員に向いている人とはどんな人?

競走馬の世話や広範囲に及ぶ清掃、競走馬の健康面・メンタル面両方に及ぶ適切なケアなど、厩務員に求められる仕事内容は多岐に渡ります。長時間の重労働を強いられるため過酷なのはいうまでもありませんが、だからといって女性が厩務員になれないという訳では決してありません。

厩務員に向いている人とは、まず何より「忍耐強さを持ち合わせている人」です。毎日同じことを同じように繰り返すというのは、思っている以上に体力的にも精神的にも辛い部分があります。

それらを乗り越えられるだけの忍耐強さがある人でなければ厩務員を続けられないというだけではなく、そもそも厩務員になるという入り口部分で落とされてしまいます。

また、「動物が好き」であることは厩務員になるための大前提です。しかし同時に求められるのは、動物の世話をすることが好きであることになります。

厩務員の仕事の大半は競走馬の世話です。ただ決まりきった管理項目をチェックするだけではなく、その馬一頭と向き合ってきちんとコンディションを把握できなければなりません。体調不良や万が一のケガなど、競走馬にとって致命傷にもなりかねない危険要素はひとつでも残しておいてはならないものです。

それらを丁寧に見抜けるくらいによく気がつく人であれば、厩務員としての素質を持ち合わせている可能性があります。

さらにもうひとつ、厩務員の朝は基本的にとても早いです。そのため「早朝に起き出すことが苦痛にならない人」であることも素質のひとつとして考えられます。時期にもよりますが、朝4時台には厩舎に向かうことが厩務員にとっての日常です。その生活リズムについて行けないようでは、厩務員としてベストな仕事をやり遂げるには無理があるでしょう。

忍耐力や、競走馬に対する熱意に気遣い、生活リズムのコントロールなど、これらは基本的なことではありますが厩務員になれる人の重要な要素です。男性女性かかわりなく、これらが満たせて初めて厩務員という道に近づくことができるのです。

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法