騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » JRA騎手になるには » 試験内容と合格率

試験内容と合格率

競馬学校の騎手課程に入学するためには、「第1次試験」と、その合格者を対象とした「第2次試験」を突破しなくてはなりません。入学はかなりの狭き門となっています。

騎手課程の合格者は、30人にひとり

募集人数は毎年15名以内、という限られた募集定員に応募者が殺到し、倍率は30倍(合格は30人に1人)にも上るといわれています。

第1次試験

1次試験の内容は、体重測定、筆記試験(中学校二年生程度の国語、社会)、集団面接、身体計測、運動機能検査です。

第2次試験

2次試験では、体重測定、健康診断、運動機能検査。騎乗適性検査、性格適性検査、本人面接、保護者面接などが行なわれます。これらの試験は、騎手、ジョッキーというプロフェッショナルの卵としての適性がきめ細かくチェックされる内容になっています。

騎手課程に合格するためのスクール一覧

 

競馬学校の過去の合格者数と合格率

具体的には、競馬学校の合格者数は毎年どのくらいいるのでしょうか。過去の例を参考に、少し見てみましょう。

■JRA競馬学校騎手過程28期生(平成21年)7名
受験応募者数114名→1次試験合格者数26名→2次試験合格者数7名

■JRA競馬学校騎手過程29期生(平成22年)8名
受験応募者数131名→1次試験合格者数22名→2次試験合格者数8名

■JRA競馬学校騎手過程30期生(平成23年)7名
受験応募者数148名→1次試験合格者数30名→2次試験合格者数7名

■JRA競馬学校騎手過程31期生(平成24年)6名
受験応募者数152名→1次試験合格者数28名→2次試験合格者数6名

上記は、平成21年から24年のJRA競馬学校騎手過程合格者数と、その合格者推移です。最終合格者は6~8名で、この4年間の平均合格者は年7名となっています。

1次試験をパスできるのが、だいたい20名そこそこと、はじめからかなりシビアにふるい落とされるさまが見て取れるでしょう。

受験者数を見てみると、年によってばらつきはあるもののおおよそ毎年100~150名が受験し、平均136.25名ですから、合格率は5.13%。実に100人に5人しか合格できない難関なのです。

当然、そのなかには騎手や調教師の子息など、騎乗経験も豊富で人脈もある受験者もいます。そう考えると、一般から競馬学校に合格するとなれば、さらに門戸は狭まってくるといってもかまいません。

合格するには受験対策が必要

ところで、「競馬学校の受験対策として、馬の専門学校へ行かなくてもなんとかなるのでは?」という人をたまにみかけることがあります。
その理由を聞いてみると、第2次試験の騎乗適性検査の注意書きとして、「騎手としての適性を検査するもので、現時点での乗馬経験の有無や稚拙を問うものではない」と書かれているからです。

果たして、本当にそうなのでしょうか。
いいえ、とんでもない!大きな間違いです!

自分が持っている適性を、馬の専門学校という環境で十分に磨いてこそ、専門の試験官による厳しい審査をクリアするレベルに達することができるのです。
馬の専門学校は、競馬学校入学を目指す予備校として機能していて、乗馬、牧場体験や授業を通じて、馬の世界で求められるいろいろな知識や技術を習得することができます。
さらに、学校生活を通して、社会性や愛馬精神などを身につけておけます。そうしたすべてのことが、関門突破への力強い武器になるのです。

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!>>

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法