騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » 競馬に関わるお仕事カタログ » 厩務員になる

厩務員になる

競走馬の世話をし、最高の状態でレースに送り出す厩務員。
調教師が経営する厩舎に住み込みで、馬と一緒に生活しながら働きます。

馬と寝食を共にしながらステップアップ

競馬学校 厩務員課程を経て、JRA(日本中央競馬会)の厩務員になった場合は、トレーニング・センター(茨城県美浦、滋賀県栗東)で勤務することになります。
また競争開催日の前後には、馬に付き添って出張することもあります。

厩務員の仕事には、自分次第でいろいろなステップアップができるという魅力があります。

例えば、馬の調教を行うことができる調教厩務員へ。調教というのは普通は騎手や調教助手が行います。しかし、厩務員も資格を取得すれば行うことができるのです。
厩務員からスタートし、調教師助手、さらには調教師へ!そんな将来プランだって、アリなのです。

厩務員がもらえる給与

厩務員の収入は、どんな内容になっているのでしょうか。

大まかな給料システムを説明すると…「厩務員の収入」=「調教師(厩舎の社長)からの給料」+「担当馬がレースで勝利した時の収入(賞金の5%)」です。

JRA厩務員の平均年収は、約800万円。
自分の担当馬が活躍すると相当の高収入を見込むことができます。

しかし、競馬学校 厩務員課程、さらには厩舎の採用試験という、いくつものハードルをクリアしなくてはなりません。それに比較すると、地方競馬の厩務員の場合は、競馬学校や厩務員試験がないため、なりやすいといえます。

ですが地方競馬は、賞金水準も低いですし、馬主からの預託金も高くありません。ですから働く立場としては、収入面でも仕事面(担当する馬の数など)でも厳しい環境といえます。

また、「地方競馬の厩務員として経験を積みながら、中央競馬を目指すことは現実的でない」という点も理解しておいてください。地方と中央には壁があり、移籍はできないのです。あくまでも中央競馬の厩務員をターゲットに進路を決めましょう。

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!>>

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法