騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » 競馬に関わるお仕事カタログ » 生産牧場で働く

生産牧場で働く

競走馬の出産、成長を担う生産牧場。繁殖牝馬(母馬)と育成場に入るまでの仔馬の世話をします。サラブレッドの誕生に関わることができるという魅力的な仕事です。

馬の生産牧場での1日

馬の生産牧場のほとんどは、北海道の日高地方に集中しています。一口に生産牧場といっても、家族だけで経営する小規模な牧場から、有名馬を続々と送り出す大規模な企業まで実にさまざまです。

ここでは、ごく標準的な生産牧場の1日を紹介しましょう。

6:00~(仕事スタート)

夜間放牧をしている1歳馬の集牧から仕事が始まります。厩舎に戻ると、朝のミーティング。馬長から、その日の作業の指示を受けます。
ミーティングが終ると、放牧です。夜間放牧の体力がついていない一歳馬や生まれたばかりの馬、母馬を放牧地に連れていきます。馬をひきながら、歩く様子や息遣いを観察し、異常がないかをチェックします。

8:00~

夜間放牧をしていた馬たちが熱を出していないか、怪我をしていないか、細かく調べます。
また、寝転ぶことが多いため、身体の表面や蹄鉄の裏についた泥や草をきれいにふき取りとってやります。こうした作業を毎日体験することにより、馬は人間に触れられることを嫌がらないようになります。
午前中のうちに、放牧に出た馬の場房の掃除もしておきます。

12:00~

種付けの当番になると、種付けにつれていく牝馬の手入れに取り掛かります。生まれてはじめての馬運車、数多くの知らない馬と接する環境…種付は、実にいろいろなことを教える機会となります。

馴致(じゅんち)といって、上場馬(セリに出す馬)の引き運動を行ないます。正しい姿勢で立てるように、まっすぐ歩くことができるようにすることで、セリの際の印象がよくなります。

15:00~

ふたたび集牧と放牧。放牧していた馬を厩舎に戻し、夜間放牧をする馬を外へ。放牧中に怪我をしたりしていないか、綿密にチェックします。1日の最後は、全員で顔を合わせて、その日の報告を行ない、翌日の予定を確認します。一般的には、17時頃までには、ひととおりの仕事が終ります。

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!>>

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法