騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法
騎手(ジョッキー)になるには?競馬学校合格への道 » 競馬に関わるお仕事カタログ » 騎手(ジョッキー)になる

騎手(ジョッキー)になる

騎手(ジョッキー)は、サラブレッド(競走馬)に騎乗してレースの勝利を目指すスポーツ選手です。
ここでは、騎手の働き方と収入を見ていきましょう。

騎手の騎乗パターンと年収

レースには、JRA(日本中央競馬会)が主催する「中央競馬」と、地方公共団体が主催する「地方競馬」があり、それぞれの騎手になるためのルートや資格が違います。

中央競馬の騎手は、競馬学校を卒業し、騎手免許試験に合格するとトレーニング・センター(茨城県美浦、滋賀県栗東)で調教師の経営する厩舎に所属。厩舎スタッフとして働きながら、日頃は早朝から調教に騎乗し、競馬の開催日には全国各地でレースに騎乗します。
土日のレース明けの月曜日は休みとなります。

騎手の収入は、レースに騎乗した時に支給される騎乗手当と騎手奨励手当、レースで獲得した賞金の5%が支給される進上金などがあります。
レースのランクによって決まっている騎乗手当と騎手奨励手当は、約4万円~約8万円。騎手は、一日に数レース騎乗しますから、それだけでも結構な収入になります。

高収入を目指すなら中央競馬

中央競馬の場合、騎手全体の平均年収は約1000万です。
そして、一流クラスともなると年収約1~2億円を稼ぎ出します。

たとえば、国内最高賞金のジャパンカップで一着を取った場合、1着賞金2億5000万円の5%にあたる1,250万円をたった一つのレースで獲得することができます。
地方競馬の騎手の場合は、トップクラスでも500~600万ですから、「目指すならやはり中央競馬の騎手」ということになります。

騎手としての現役生活はだいたい30代後半までとなります。引退後は、調教師など、競馬に関係する職業でセカンドキャリアを歩む人が多く見られます。

騎手になるには?厩務員になるには?
競馬学校合格のための専門学校ナビ!>>

 
ページの先頭へ
騎手(ジョッキー)、厩務員になるには? 競馬学校合格するための方法